長電話が苦手

男性は長電話が苦手ですね。
でもなかにはすごく長く話したがる人もいますが。

相手がお姉さんタイプだと、長く話してもいいのだ、って甘えた男性には都合がいいらしく、
長くなるのだとか。本当かな?
後は普通に、女性に興味があって長い、でしょうか。

女性もその気ならこんなうれしい事はないのじゃないかな。
興味がなかったら、話しなんてないし、時間ももったいなからすぐに切りますよね、
それを長電話してるってことはいいんじゃないですかーー?

これが目安になりますね。
電話だけでいうと。

他に考えられるのは、、、、単なる暇!?
これは嫌だけど、こちらも暇なら相手をしても害はない、でも、忙しい時は
「いい加減にしろ!」ですね。
そんな経験はないですが。

基本的に男性は、女性に比べて、電話をするという行為の頻度が低いと言われています。
それにも関わらず、男性の方からわざわざ長電話をして自分の話を女性に聞いてもらおうとするのは、
心のどこかに寂しさを抱えているからであるとも言えますよ。

寂しいという気持ちは、1人で抱えて耐えようとすればするほど、
どんどん大きくなっていきます。

そこで、そんな気持ちを包み込んでくれる女性が身近にいると、
長電話をして、(えーー?)
自分の心の隙間を埋めてもらおうとしてしまうのかも??

でも、それが迷惑ならハッキリいいましょう!

このブログ記事について

このページは、まりかが2018年2月 1日 23:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「雨降り」です。

次のブログ記事は「あえて和式」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。