床屋さんの苦悩

知り合いで、自宅兼床屋さんをやってる人がいて、お父さんとお母さんも床屋さんって人で、
週末はもう80に近いそんなお父さん、お母さんも立ちっぱなしでずっと仕事してるらしいのです。

それを見かねているけれど、人を雇う余裕はなく、平日は逆に暇でどうしようもないのだとか。
もっと平均的にお客さんがきてくれたらいいのだけど、
なかなかそんなうまくいかないものですよねー。

お父さんとお母さんがどうかなったら、完全予約制にして頑張るしかないって言ってました。
大変なんですねー。
床屋さんっていっても今は安いところが多いのですが、
そこは立派なところです。
もう少なくなってきてますね、あんなお店って。
でも続けてほしい。

私はお客さんにはなれないけど、どうか頑張って続けてほしいなーって思っています。
安いお店ってそなりなんだそうです、なのでもしお金の余裕があってちゃんとしたかったら、
こういう立派な床屋さんにも行ってみてくださいね。

なくしたくないのです、こういう昔ながらのお店。
そう思いません?

このブログ記事について

このページは、まりかが2017年8月 1日 00:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「絵描きさん」です。

次のブログ記事は「テロがあると」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。