絵描きさん

外国のテレビ番組で、何人もの絵描きさんがその日のテーマにそった絵を書いていって、
最終的に大勢の専門家(?)がジャッジして、
その日「おかえりになる人」を決める、っていうものでした。

最終的に残った人が優勝者ですね。
この番組で、けっこう最後まで残った人のなかに耳が聞こえない人がいました。
手話で話します。

ジャッジがいってることも手話の人がついて通訳(っていうのかな?)してました。
絵はめちゃくちゃ上手です。
なんだかハンサムだったし(そこーー?)、ずっと応援してましたけど、
あと少しってところで脱落しました。

でもジャッジが涙目になりながら「君は素晴らしい、聞こえないなんてとても思えない」って。。。うるうる。

耳が聞こえなくても絵は描けますからね。
ちゃんと勉強もしたっぽいし、これからが楽しみな人でした。
また彼を見たいなって思います。

なんだか彼が去ったことでこの番組を見る気がしなくなったのに、家族が好きなのでけっきょくは最終まで見ることになりそうです。
絵はわからないけど、皆が一生懸命書いてるその姿は感動しますよ。
そういう番組なんですけどね。

このブログ記事について

このページは、まりかが2017年7月 1日 01:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「目の下がーー。」です。

次のブログ記事は「床屋さんの苦悩」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。